フルーツバスケット

フルーツバスケット

フルーツを食べるなら朝がおすすめ

ヨーロッパでは、「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅」ということわざがあります。 これにはきちんと根拠があります。
私達の身体は寝ている時もエネルギーを消費します。 その為、朝ご飯でエネルギー源であるブドウ糖を補給する必要があります。 フルーツに含まれる果糖は、すぐにエネルギーになる性質があります。
ビタミンやミネラル、食物繊維など美容や美肌も良いとされる成分が沢山含まれています。 特にビタミンCは熱に弱い為、生で食べられるフルーツはおすすめです。 酵素を沢山含んでいるため、消化吸収が良いです。
体内の消化酵素を節約出来るので、代謝が上がって冷え性の改善やダイエットにも効果的です。 特に午前中は身体の中の毒素を外に排出しやすいデトックスタイムと言われます。
フルーツには多くの水分が含まれていますが、それはただの水分ではなく、老廃物を外に押し出す力がある水分です。 さらに、水溶性、不溶性食物繊維をバランス良く含んでいるため、スムーズなお通じに繋がり、健康的になれます。

朝食にフルーツを採り入れる

ヨーロッパには「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」ということわざがあるそうです。1日の中でフルーツを食べるのなら、朝が一番効果的ということのようですが、実際のところ、どのような効果が期待できるのでしょう。
朝食を済ませると、仕事や学校、家事など、一日がスタートしますので、食事から効率的にエネルギーを摂取したいものです。フルーツには果糖が多く含まれているため、摂取した後、スムーズにエネルギーを生み出すことができるのです。また、フルーツを食べることで腸の働きが活発になりますので、快適なお通じにも効果的です。食後にお通じを済ませてから学校や職場に向かうことができれば、規則正しい体のリズムが整います。現代社会では、昼食は外で食べることが多く、夕食も仕事の関係で外食で済ませたり、会食が入るという方も多くみられます。そのため、朝食でしっかりフルーツを摂取することで、1日の栄養バランスを整える効果も期待できます。