フルーツバスケット

フルーツバスケット

旬のフルーツ狩りを体験できる果樹園

フルーツには、一年を通して栽培され収穫できるものもありますが、多くのフルーツには旬の時期があります。それぞれの種類の旬を知って、その時期に収穫されたものを食べることで、より栄養価の高いものを体の中に摂り入れることができるでしょう。例えば、イチゴの旬となる時期は種類にもよりますが、12月頃から5月頃となっています。
ブドウは、6月頃から12月頃まで食べることができそうです。フルーツを栽培しているところでは、それぞれの種類の果実狩りを提供しているところもあります。果実狩りを行っている農園や果樹園は、全国に多くありますので、栽培されている様子をみたり、実際に収穫をしてその場で食べてみたり、フルーツの旬を体験されてはいかがでしょう。
インターネットのサイトには、果実狩りを行っている農園や果樹園を紹介しているところがありますので、参考にされてはいかがでしょう。 健康にとてもいい果実を、自ら収穫体験されてみるのもいいでしょう。

栄養価が高い冬が旬のフルーツ

野菜と同じように、フルーツにも旬があります。 旬のフルーツは栄養価が高いので健康効果が倍増します。特に栄養価の高いといわれているのが冬が旬のフルーツです。 冬のフルーツといえば、誰もが思い浮かぶのがみかんです。みかんはビタミンCが非常に豊富ですし、食事の前にみかんを食べると食事中の血糖値の吸収を穏やかにする効果があります。健康に良いだけでなくダイエットにも効果的といえます。
また、みかんのような柑橘類は栄養価が高いものが多く、ゆずやはっさく、キンカンなどは疲労回復にも非常に効果があります。便秘解消や冷え性改善にもおすすめですし、高血圧予防や動脈硬化予防にも最適です。
いちごも冬が旬で、みかんと同じようにビタミンCが豊富です。それだけでなく、葉酸や食物繊維も豊富に含んでおり、綺麗な赤色はポリフェノールの一種であるアントシアニンによるもので、このアントシアニンには強力な抗酸化作用があります。病気予防はもちろん、老化を防いだり美容効果も期待できる女性には嬉しい栄養がたっぷり含まれています。
そして冬に欠かせないりんご、りんごも病気予防に効果があります。食物繊維も豊富ですし、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やしてくれるので高リポ蛋白血症の患者に特におすすめです。

pickup

貸会議室 東京駅

2017/8/24 更新